pink pills

早漏の防止に使える薬の中でも、最も効果的なのがここで紹介する「リドカイン」という成分を含む塗り薬である。男性器に塗ることで、早漏を防止することができる。
リドカインは、塗った部分の皮膚を一時的に麻痺させるという薬に使われる成分であり、たとえば歯科などではよく使われているものだ。
歯石をとったことがある人なら、歯茎の痛みを軽減するために「表面麻酔」と称して薬を塗られた経験がある人も多いと思う。完全に感覚がなくなるわけではないけれど、かなりゴリゴリやられてもあまり痛みを感じずにすむ、あの麻酔だ。あそこで使われている薬は、大抵の場合リドカインを主成分とするものである。それを、早漏防止に応用しましょうという話なのだ。

すでに書いたように、リドカインは完全に100%感覚をシャットアウトするものではない。文字通り「表面」の感覚を麻痺させるだけだ。この薬を男性器、特に快感をじかに受ける亀頭の部分に塗ると、快感を半減させることができる。
急激な快感による早漏は、この方法で抑えることができるのだ。

ただし、この薬を使う際には注意が必要だ。感覚が鈍ったとわかったらきちんと洗い流すこと。あるいはコンドームをつけること。
そうしないと、薬が亀頭だけでなく女性器の中にもついてしまう。もちろん健康的な害はないが、女性の快感まで鈍らせてしまうことになるのだ。
これでは、本末転倒である。「気持ちよくなかった」という違う意味での「言われたくないこと」を言われてしまうハメになる。ぜひこの点には注意してもらいたいと思う。